ヘアドネーション

カットした皆さまの髪が、困っているこどもたちへの贈り物に

ヘアドネーションとは

ヘアドネーションとは 頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子ども達に、医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供すること。
カットした皆さまの髪が、困っているこどもたちの髪に生まれ変わります。
現在は人工毛の品質が良くなったとは言え、やっぱり人毛のウィッグのほうが自然に見えて人気があります。
また大人用のウィッグは豊富なのですが、子ども用のウィッグはまだまだ少ないのも問題です。思春期に自分の頭に合わないウィッグを付けるのは、心身への負担が増しますよね。
そこでヘアドネーションでは子ども用のかつらを中心に作られているのです。
寄付された髪の毛は、NPO法人Japan Hair Donation & Charity(通称JHDAC:ジャーダック)にお送りし、選別・加工の工程を繰り返したのち、ウィッグとして生まれ変わり、子ども達の元に届けられています。
ヘアドネーションとはイメージ

ヘアドネーションできる髪の条件

ヘアドネーションできる髪の条件イメージ

  • 1. 寄付する部分としての髪の長さが31cm以上
  • 2. カラー・パーマ・ブリーチをしていてもOK
  • 3. くせ毛でOK!その他、年齢、性別国籍も問いません

※少し引っ張ると切れてしまうようなダメージの激しい髪は寄付できない場合がございます。
※ご自身で切ってご持参いただく場合、髪が濡れていますと、受付する事ができませんので、あらかじめご了承ください。

ヘアドネーションの流れ♪

  • ドナーシートの記入画像
    ドナーシートの記入
    まずはじめに、ドナーシートにご記入を頂きます。
    あらかじめJHD&C指定のドナーシートをお持ちの方は、そちらにご記入の上ご持参頂いても構いません。
  • カウンセリング画像
    カウンセリング
    お客様のされたいヘアスタイルをお伺いし、そのスタイルに必要な長さを残した上で、寄付できる髪の長さが、31cm以上あるかを測ります。
  • カット画像
    カット
    ゴムで束ねます。されたいヘアスタイルと寄付されたい髪の長さのバランスをお客様とご相談しながら、ゴムの微調整を行い最終 よろしければカット致します。
  • 画像
    大切にお預かり致します
    お客様の髪の毛は大切にお預かりし、ご記入頂きましたドナーシートとともにJHD&Cへ送らせて頂きます。
  • お仕上げのカット画像
    お仕上げのカット
    お客様のされたいヘアスタイルに責任を持ってお仕上げをさせて頂きます。

ご予約・お問い合わせなど、お気軽にお電話ください♪

※ご予約はお電話のみの受付となります。

tel:078-783-2805

pagetop